新型コロナウィルス対策について

感染症対策

当校では新型コロナ感染症防止策として次のガイドラインを実施しています。
在校生のほか、ご用事にてお越しになられるお客様におかれましてもご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

パブリックスペース
◎校舎内各所(玄関、階段、廊下、教室、図書室、保健室、多目的ホール)においてアルコール消毒液を設置しております。
◎学生寮にアルコール消毒液・ハンドソープを設置しております。
授業での取り組み
◎文科省の「新型コロナウィルス感染症に対応した学校再開ガイドラインチェックリスト」より以下の項目を実施しております。

  • 毎日の検温
  • 3つの密の回避
  • 学内清掃などによる環境衛生対策
  • 教職員の講義時のマスク及びフェイスシールドの着用
  • 校舎内及び寮のアルコール消毒液及びハンドソープ配置

◎学習者と2メートル以上の距離をとり指導するよう心がけております。
◎学習活動で用いる単語カードなどの使用の際は事前・事後に消毒をしております。

職員の対応
◎出退勤時の検温の確認と、手指消毒を徹底しております。
◎職員に37.5度以上の発熱が確認された場合、即退勤して医療機関を受診します。発熱が治まった後も2日間は自宅待機を行います。
◎学校職員は、飛沫感染対策としてマスク着用を徹底しております。
学生へのお願い
◎登校時は検温の確認をしております。
◎学生の健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、校舎内ではマスク着用の協力をお願いしております。
◎37.5度以上の発熱、体調不良、症状がございましたら、事務所窓口へ申し出ていただくようお願いしております
清掃の取り組み
◎職員で当番制にて、校舎内の学生・職員が触れる箇所を次亜塩素酸水で拭き上げ消毒を行っております。
◎授業内で日直活動の一環として、机・椅子・学生が触れる場所を次亜塩素酸水で拭き上げ消毒を行っております。
◎教室内にはゴミ箱の設置をせず、建物外の共有のゴミ箱使用をお願いしております。

Japanese Cultural Study Academy

募集要項
简体中文繁體中文English日本語한국어Español